2010年04月30日

再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致−解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)

 茨城県内で2003年4月に女性が乱暴された事件で、現場に残された遺留物のDNA型が一致したとして、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪などで起訴された建築解体業富田和広被告(43)=同県小美玉市=について、水戸地検が別の二つの強姦事件で追起訴したことが22日、分かった。うち1件は、既に起訴された事件と同様、22日午前0時の時効2日前に公判請求された。
 捜査関係者によると、新たに起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に県内で女性が乱暴された事件。いずれも同被告と現場のDNA型が一致、関与したことを認めているという。03年の事件は時効直前だった。県警は県内で起きたほかの暴行事件についても、かかわっている可能性があるとみて慎重に捜査している。 

【関連ニュース】
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴

首相動静(4月20日)(時事通信)
進次郎氏、自民の実情嘆く「非常に情けない状況です」(スポーツ報知)
鳩山首相の来県期待=仲井真沖縄知事(時事通信)
仕分け 独法の無駄追及 聖域「科学」の見直し焦点(産経新聞)
<普天間>9万人県民大会「民意の一つの表れ」…鳩山首相(毎日新聞)
posted by ウスイ トミオ at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ−日本(時事通信)

 6月にモロッコで開かれる国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会に向けた国際交渉で、日本が南極海で行っている調査捕鯨について捕獲頭数を半減させることも視野に交渉していることが20日までに明らかになった。日本沿岸での商業捕鯨再開を認めさせるのが狙い。IWCは22日にも関係国の意見を踏まえた議長提案の改定案を公表する。
 南極海の調査捕鯨で日本は2005年度以降、毎年765〜935頭のクロミンククジラを捕獲する計画を立ててきたが、捕獲実績は計画を下回り、09年度は約500頭にとどまっていた。これを04年度以前の計画である同360〜440頭まで減らすことで、沿岸枠の獲得に反捕鯨国の理解を得たい考えだ。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】「ジャマモク」でヘルシーに! 海藻博士の奮闘記
〔写真特集〕調査捕鯨
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
〔写真特集〕巨大海洋生物 ダイオウイカとその仲間

かば焼き縁遠く…シラスウナギ漁獲量激減(読売新聞)
山崎さん、宇宙基地退去=同時滞在の野口さんに別れ−シャトル19日帰還(時事通信)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
事故調漏えい、JR西2社員を取り調べ(読売新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
posted by ウスイ トミオ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。